ベスパの旅 いざ富良野へ

前日、深い深い眠りにつきすぎて起きたのは午前9時近く
暗いうちに発つつもりが、すっかり予定が狂ってしまった

宗谷岬までは、グーグルマップによると6時間ほど
更に前日の経験から、ベスパの巡航速度を考慮するともっとかかるだろう
ケツの痛みにも耐えれないし、いっぱい休憩するし・・・
つまり、明るいうちに着かない可能性が高い

そこで急遽ルートを変更
5分くらい悩んだ末、青い池を目指すことに
ついでに富良野周辺をブラブラしよう
それでも札幌から3時間かかる

とりあえず身支度を整えスタート
本日もグーグルマップ頼り

順調に走ってると思いきや、徐々に風景が寂しくなる
そう、アップダウンのある山間部を走っているのだ

ここでベスパが底力を発揮
とりあえず急坂でなければ、60km付近で走行出来ている
常にフルスロットル、ポリーニのチャンバーはけたたましく金属音を奏でている

途中、芦別にある滝に立寄った
一度通り過ぎたものの、この景色を横目に見て思わず引き返したのだ
なかなか絶景で、マイナスイオンをたっぷりと浴びた

その後、道中のセイコーマートで休憩中、地元のライダーに話しかけられた
今回の旅で初めてだ
オレンジのVTR1000、長沼町から夕張周辺をソロツーリングの予定とのこと
他愛のない世間話を交わしただけなのに、何だか元気になった

結局、富良野に到着したのは13時頃
またもや、ケツのせいで休みすぎてしまった

実は富良野を目指したのは、もう1つの理由がある
それは、ラコリーナというペンションに行きたかったから

過去2回宿泊しているが、とにかく最高の宿である
特に料理が素晴らしく、ピカイチなのだ
部屋もキレイで、お風呂も広い
十勝岳連峰を眺めながら、贅沢なランチタイムを過ごした

14時、青い池へ向けて走り出す
3kmほど手前から、予想外の大渋滞
そんな渋滞を横目にすり抜け、札幌から来ていたグループの最後尾に混じり、青い池へ到着
前回来た時は曇天だったが、今回は晴れていたのでエメラルドグリーンだった
グループの1人が函館出身ということで、ベスパで良くきたねと驚かれた

その後、フラノマルシェへ寄り、お土産を購入
札幌に向かい始めた頃には、すっかり周囲が暗くなっていた
復路も山間部なので、夜はやはり冷え込む

そして僕はミスを犯した

走行中、ライトスイッチの操作を誤り、ライトを消してしまったのだ
街灯もなく、視界は一気に真っ暗に
瞬間、死の予感が押し寄せる

次に天地が逆さになった、宇宙遊泳のような不可思議な感覚
現実に戻り、急停止した

心臓の激しい鼓動が聴こえる
大丈夫…走れる

しかし緊張が疲労に一気に転換し、札幌に着いたのは23時すぎ
今日は更に深い眠りにつけそうである

本日の走行距離 310km

CLOVER COFFEE COMPANY

北海道函館市にある、インディーズカフェです 溶岩焙煎コーヒーや超特濃ミルクを使った濃~いラテ 石窯ナポリピザやモチモチパスタ、ワッフルなどがあります

0コメント

  • 1000 / 1000